行けばわかるさ

20代男性、理系。日々考えていながらも人に伝え切れないことをつらつらと書いていきます。

さてまさかの3件目です。こいつこんなにもブログで書いたら飲み会で話すネタ無くなるぞと心配する方もいらっしゃると思いますが大丈夫です。

僕のすべらない話は108式まである

です。嘘です、そんなにありません。

 

 

さあ、今まで長文のブログでしかもタイトルが母とはなかなか歯ごたえを期待している方もいるかもしれませんがそんなことはありません。期待は裏切られるから面白くなるのです。

 

僕の母はとても素晴らしい人です。今回はそのほんの一例を紹介したいと思います。

今僕が寝転びながらブログを書いている前で僕の母は何をしてると思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えはデレステです。

はい、アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージです。

アプリゲームです。音ゲーです。アイドルゲームです。

サービス開始からずっとプレイし続け、無課金で最高レアリティであるSSRを40人近く引いていることからこのやりこみ具合が伝わると思います。

この他にスクフェスやバンドリ、ツムツムなどのアプリゲームにハマりまくってます。

今となっては家族で一番ゲームのプレイ時間が長いことでしょう。

小学校の頃、「あんた!さっさとゲームやめて、風呂入りなさい!」って言われたことが感慨深いです。今では立場が逆になりました。

 

さて、すこしdisりましたがやはり僕は素晴らしいと思います。どんなことが素晴らしいとお思いでしょうか?

 

この人、自分で考えて自分で行動するということを他人に広めたいということで急に質問形式増やしやがってます。わざとです。

 

それはいくつになっても新しいことにチャレンジするということです。ありきたりですがとても大事です。

これは決してアプリゲームだけに限った話ではなく、パートタイムで介護の手伝いや送迎を行っていて、それに関する資格を取ろうと勉強しています。

母は商業高校卒で、勉強もそこまで得意ではなかったそうですが、非常に柔軟な思考の持ち主であります。

僕が果たして母の年齢になったときにこのように新しいことに挑戦できているかわかりませんが、頑張りたいと思います。

 

これを聞いて新しいことにチャレンジしたいと思ってくださる人がいれば幸いです。

 

流石に親指が腱鞘炎になるかもしれないのでそろそろパソコンに切り替えようかな

 

それでは