行けばわかるさ

20代男性、理系。日々考えていながらも人に伝え切れないことをつらつらと書いていきます。

Vtuber

皆さんはVtuberをご存知ですか?

一昨年くらいに生まれ、去年にバズり、今年に入って安定化しているように思えるコンテンツです。

ご存知でない方にかんたんに説明すると、アバターを使って配信や動画をYouTubeに投稿する人たちを指します。

僕はこのVtuberに一時期どハマリし、寝る間も惜しんで配信や動画を見ていました。

はじめにハマったのは電脳少女シロさんで、その見た目と声とは裏腹に猟奇的な思考や奇声が心地よく、毎日のように動画を見ていました。今でもPUBGの動画は見返します。

 

次にハマったのが月ノ美兎さんです。

こちらは先程のシロさんと異なり、アバターがはじめは2Dでした。まさにインターネットネイティブ世代真っ只中のどっぷりネットミームに侵されたオタクトークが友達が話しているみたいでめちゃくちゃ面白いです。モスラの歌は反則です。

数々の頭おかしいエピソードを持っており、それらを小気味よく話すトークスキルが彼女の人気の秘訣だと思います。まあ個人的にはゲーム大好きお姉さん、静凛さんのほうが好きなんですけどね。

 

動画投稿で注目されているのは田中ヒメと鈴木ヒナのヒメヒナでしょう。

こちらの二人はアバターの質が群を抜いており、歌ってみたのPVは一見の価値ありです。劣等上等、ヒトガタ、どちらも素晴らしいです。

人となりに注目すると騒がしいけど思いやりのあるツッコミのヒメと可愛らしさと天然さが醸し出すボケのヒナのコンビネーションが素晴らしく、常に笑わせてくれます。ぜひ見てみてください。

 

さて、これらVtuberが流行った要因として僕が考えるのは、理想の自分になれることです。アバターを用いて声をアテレコするようにすればさながらアニメの中のキャラクターのように振舞えます。設定によっては現代ではありえないキャラに自分がなりきることができるのです。

人間は多かれ少なかれ、変身願望があるはずです。それを叶えられるのがVtuberなのでしょう。

 

これが当たり前になっていくのが新しい時代なのかもしれませんね。

 

では